• 最新のブログ

  • 2019年4月
    « 1月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 「火花」読んだ

    2015年8月20日

    DCIM0230

    レビュー的なやつは「映画を観た」の観想が多いので、このケースは珍しいかも。しかも売れているものを。
    ちょっと今、作品あがるまで映画観たくないなーってのもありまして。
    まあ、多分大嫌いなんだろうなーって予想しながら手に取りました。

    が。
    予想に反した。
    魂の追求を感じた。
    役者には友人知人多いんですが、芸人にはいなくて、その精神構造たるや自分にとって謎なのですが。
    でも(少なくとも又吉さんは)「笑い」を通して人間を見つめ、理想を持ち、人生と向き合っているんすね。
    飾らずに、目線は常に地べたから。そこがすごく好感持てます。売れてる人ですからね。。
    多分登場人物の「神谷」が又吉さんの理想の芸人像なんだろうなーって。モデルはいるのかな。

    まあ最初の数ページは妙につらいっす。小説であることを意識しているのか必死に言葉選んでいる感が。気のせい?読んだ人みんなそう?
    自分、最初読んで、うわーってなってしばらく放置してました。
    でも読み進めて慣れました。読むことに慣れたのか、文章がこなれてきたのかは分かりません。

    何かを追求している人向けの一冊ではなかろか。ジャンルの違いなんて、どの入り口から入ったか、ってだけの違いなのかもしれませんね。
    と、仕事中にこっそりアップするやつ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ブログ一覧